心をこめて葬儀や通夜でお別れしましょう

葬儀の前のお通夜は故人への語らいの場

人が亡くなるのは仕方が無いことです。しかし人間というのは幸せな生き物だなと改めて感じます。命があるものは必ずいつか亡くなってしまいます。でもお別れの儀式、つまり葬儀などをきちんとするのは人間だけです。自然界に住む動物は亡くなってしまえば、そのまま他の動物のエサになったり、自然に腐敗してなくなります。供養されるようなことをしてもらえる人間は、本当に幸せだなと思いませんか。私はそう思えて仕方がありません。たいていの場合は葬儀の前にお通夜や告別式などをしますが、こういう場は故人の思い出を話したりする語らいの場ではないかと思っています。何処かしらで、故人の事を話している様子が見受けられたり、思い出話に花を咲かせているような人たちもたくさんいますが、葬儀も終わればなかなかそういう機会もなくなります。

さみしい物ですが、亡くなってしまった人をずっと悲しむというのはなかなかなく、むしろ残された親族や家族たちは後悔や感謝が残るように感じます。もっと話したり、旅行をしたりすればよかったとか、優しくしてくれたなどのような気持ちです。亡くなった人を改めて思い返すのは命日とか、記念日的な日だけになってしまうかもしれませんが、それは悲しい事ではなく前に進んでいるという証拠です。だからお通夜やお葬式までは故人の死を悲しんだり、思い出話に花を咲かせ、いつまでも悲しむのは辞めて前を進みましょう。それが意外と故人が望む事かもしれませんよ。

注目の葬儀に関わる話は、すぐわかるこのサイトがお勧め

Copyright (C)2017心をこめて葬儀や通夜でお別れしましょう.All rights reserved.